アルバイト採用

「明るく、楽しく、元気に働く職場 エイジスで働こう!」

棚卸作業のとある一日

棚卸作業とは、簡単に言いますと、スーパーやコンビニエンスストアや本屋などの委託によりお店に行ってお店にどれだけの商品があるかを、 実地でカウントして確定する作業です。
ある1日のお仕事を紹介しましょう。
お客様のニーズに合わせて24時間対応しているため、基本的には夜間と昼間のシフトに分かれます。ここでは、ある夜間のメンバーの流れを追ってみます。 責任者1名を含め、数名から時には数十名のチームでショッピングセンターなどへ出向いて作業を行います。

作業開始前には責任者(スーパーバイザー)主導のもと店舗内朝礼を行います。企業によって注意する箇所が異なってきますので、毎回伝えてくれます。
伝えられたことはメモを取ります。

責任者(スーパーバイザー)に不明点を確認します。

慣れない夜勤は最初は戸惑いがちになる事もあります。
反面、普段は見る事が出来ない夜のショッピングセンターでの仕事は、貴重な一時です。

作業が慣れるにつれ、疲れもまた心地よく感じます?

簡単に説明してみました。
夜の棚卸作業は、静かな、だだっ広いお店の中で、黙々とする作業です。
一見、単調な仕事ですが、 ふだん来店客としてしか見ることができなかったお店が、全く違う不思議な世界に見えてきます。気がついたら、まわりのメンバーとも、知らない間に不思議な連帯感。

実は、1人作業のように見えるのですが、「チームワーク」と「コミュニケーション」で成り立つのがエイジスの仕事です。 いつのまにか帰りの車の中では、みんなで帰りに呑みに行こう!と、大はしゃぎ!(もっとも、、もう朝なんですけど........) ずっと夜勤ばかりはつらいかもしれません。しかし、時々昼間に(ちょっと眠いけど)自由な身になるのも、いいもんですよ!?

現在募集中の棚卸以外のお仕事一覧

現在募集しているお仕事です。お気軽にお問い合わせください。

アルバイト情報